春菊

小葉春菊

 菊の葉のようにギザギザの小さい刻みがあり、濃い緑色の葉が特徴の春菊です。

 独特の風味と良い香りが特徴の小葉春菊ですが、茎まで柔らかく食べることができます。新鮮なものは苦味が少なく、ハーブのようなおしゃれな味です。

 鍋やお汁物、すき焼き、和え物に手軽に使えます。最近では、ドレッシングメーカーのTVCMで、福山雅治さんが胡麻ドレッシングサラダで食べたことでも人気が出ました。


大葉春菊

 刻みのない丸い肉厚の葉が特徴の春菊です。

 北九州小倉でしか生産されていない地域ブランド春菊で、全国的に生産されている小葉・中葉の春菊と比べると、大変柔らかく、灰汁が少なく、苦味が少ない上に香りが良くやさしい味です。

 鍋やお汁物だけでなく、サラダにも向いています。


基本データ

分類:キク目キク科シュンギク属

 

原産地:地中海沿岸のギリシャやトルコ等

 

歴史:15世紀に中国から伝来

 

出荷:ハウス栽培、11~4月頃(小葉春菊)・11~2月頃(大葉春菊)

 

その他:北九州市内学校給食に出荷(大葉春菊)

栄養・効能

主な栄養:βカロテン、ビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維

 

主な効能:生活習慣病予防、目の健康維持、皮膚や粘膜の保護、免疫力向上、癌予防、老化防止、リラックス効果、咳止め、胃腸機能改善、浮腫み改善、高血圧予防、便秘改善、貧血予防、骨形成

 

レシピ1「小葉春菊の胡麻サラダ」

 

 

 

 

 

レシピ2「大葉春菊のソテー」

つるっとした食感のおしゃれな簡単ソテー

 

材料:大葉春菊、ハム、塩、胡椒、黒胡椒、胡麻油

 

1.フライパンに胡麻油小さじ1を中火で熱し、薄切りにしたハムを炒める。

2.ハムによく火が通ったら、葉にばらした大葉春菊を入れ、塩・胡椒を少々加え、ハムと炒め合わせる。

 ※20~30秒程度で短時間で。

3.お皿に移し、黒胡椒を少々ふる。