水菜

水菜

 葉は柔らかく、茎はシャキシャキしていて、上品な味わいが特徴的です。伝統的な京野菜ですが、鍋やサラダで調理もしやすく万能です。

 水菜という名前から栄養がほとんど水分のように思われがちですが、栄養価の高い緑黄色野菜です。


基本データ

分類:アブラナ目アブラナ科アブラナ属

 

原産地:日本(京都)

 

歴史:江戸時代始めから京都南西部の東寺・九条付近で、清流を引き込んで栽培した

 

出荷:ハウス、周年

 

その他:北九州市内学校給食に出荷

栄養・効能

主な栄養:βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄

 

主な効能:生活習慣病予防、動脈硬化予防、抗菌作用、免疫力向上、皮膚や粘膜の保護、解毒機能強化、癌予防、整腸作用、骨形成

レシピ1「水菜と茸のペペロンチーノ」

レシピ2「水菜の豚しゃぶサラダ」