はくさい菜

はくさい菜

 「菜っ葉」の呼称で親しまれ、北九州の食卓では昔からポピュラーな野菜です。

 種から通常に生育させると、結球してハクサイになりますが、条間や株間を調整して作付けし、結球する前のハクサイをぜいたくに早採りしています。柔らかく、灰汁が無いのが特徴です。クセのない味で、和洋問わず、ヘルシーな料理に最適です。


基本データ

分類:アブラナ目アブラナ科アブラナ属

 

原産地:中国

 

歴史:野草で原種であるブラッシカ・ラパが、古代、農耕文化と共に作物の種子に紛れて移動し、交雑、変種しながら広がった。7世紀の唐で、カブとパクチョイが交雑してできたのが最初のハクサイと考えられている。

 

出荷:ハウス栽培、周年

 

その他:

 

栄養・効能

主な栄養:

 

主な効能:

レシピ1

 

材料:

レシピ2

 

材料: